プレミアムウォーターのメリットデメリット

2016-06-09

ウォーターサーバーの会社の中でも、モンドセレクションやiTQiを受賞するなど、高品質で有名なプレミアムウォーターがあります。
品質が高いことは受賞歴を見ればすぐに分かりますが、ウォーターサーバーに必要な電気代など、色々な部分を解説したいと思います。

電気代は高めになっている

プレミアムウォーターのウォーターサーバーに関しては、一ヶ月の電気代が1000円をこれるなど他社と比べると高めになってしまいます。
ただ、これに関してはエコ機能を利用することで、約30%程は抑えられるようになります。
特に業界初の光センサーを搭載しているなど、ウォーターサーバーは高機能なものになります。

ウォーターサーバーの色は4種類

ウォーターサーバーに関しては、ロングタイプとショートタイプの2種類の設定になります。
ただ、サイズは2種類になりますが、本体カラーに関しては4種類用意されているのです。
設置する部屋のインテリアにあわせたコーディネートがしやすく、ウォーターサーバーだけが浮いているということが避けられます。
子どもの安全を考えたチャイルドロック機構も搭載しているので、子どもがいる家庭でも安心して使えるサーバーになります。

料金に関しては注意も必要

プレミアムウォーターの料金に関しては、注意しておく必要もあります。
それは短期間での解約の場合、事務手数料が必要になるのです。
入会金や解約時の費用を必要としていない会社も増えていますが、プレミアムウォーターの場合には2年未満の利用だと10000円(税抜)が必要となります。

PREMIUM3年パックというものも用意されており、この場合には水の料金が割安になるものの3年未満での解約で早期解約違約金15000円(税抜)がかかります。
ですからどの程度の期間利用するのか分からない場合には、よく考えてから契約する必要があります。
水の配送に関しても、地域によって送料が必要になる場合もあり、利用する地域によって維持費に差が出てくることがあります。

理解していれば納得のいく内容

違約金や事務手数料を知らずに契約してしまうと、解約時に後悔することがあるかもしれません。
ですが料金についても分かりやすく説明がありますし、モンドセレクションの受賞など理解していれば納得のいくサービスを利用することが出来ます。
普通のコースで2年以上の利用であれば解約時に余計な費用もかかりませんから、長期的に利用する人におすすめのウォーターサーバーになります。

関連記事

Copyright(c) 2010 主婦ご用達のコスパが良くて機能性バツグンなウォーターサーバー All Rights Reserved.