富士の湧水のメリットデメリット

2016-06-09

ウォーターサーバーの設置台数が10万台という実績がある会社が、富士の湧水になります。
実績が多いことは利用者が多いということにもなり、それだけでも安心感が持てます。
ただ設置台数の魅力だけではなく、ウォーターサーバーの電気代など、メリットやデメリットの解説をしていきたいと思います。

電気代は一般的な金額になる

富士の湧水の一ヶ月にかかる電気代に関しては、約700円ということになります。
この金額よりも安いウォーターサーバーもありますが、平均的な金額と言えるでしょう。
エコ機能も搭載していますから、使い方で電気代を節約することも出来ます。
ウォーターサーバーのレンタル料が必要になりますが、キャンペーンを利用することでこの金額を安く抑えることも出来るのです。

富士山の天然水を利用している

名前が富士の湧水となっているように、用意されている水は富士山の天然水になります。
これにはバナジウムなどのミネラル成分も含まれており、高品質な水を飲むことが出来るのです。
もちろん赤ちゃんのミルクを作るためにも安心して利用することが出来ます。

ボトルは再利用タイプではなく、使い切りのパックタイプになります。
ですから空のボトルを保管しておく必要もなく、使い切りですから衛生面でも安心出来るものになっています。

日本製のウォーターサーバー

水は国内の天然水を利用している会社は多いものの、ウォーターサーバー本体に関しては中国製ということがあります。
ですが富士の湧水が用意しているウォーターサーバーは日本製のものになっているのです。
中国製でも問題がないものが殆どですが、やはり日本製のウォーターサーバーの方が安心出来る人も多いのではないでしょうか。

しかもこのウォーターサーバーに関しては、内部を自動的にクリーニングする機能が付いています。
ですから面倒なメンテナンスをしなくても、安心して使い続けることが出来るようになっています。
省エネ機能も搭載していますから、最大で約25%の電気代を節約することも出来るのです。

あまり使わない人も安心

富士の湧水のウォーターサーバーは、本体のレンタル料が必要になるものの、水の消費量に関してはノルマがありません。
レンタル料が無料になる場合には、水を毎月何本以上頼まなければならないなどノルマが設定されている会社があります。
そういったウォーターサーバーの場合は無理をして水を頼む場合もありますから、水の消費量が多くない人でも安心して利用出来るウォーターサーバーなのです。

関連記事

    None Found

Copyright(c) 2010 主婦ご用達のコスパが良くて機能性バツグンなウォーターサーバー All Rights Reserved.