ECOモードについて

2016-06-09

ウォーターサーバーを利用していると、電気代がもう少し安くならないかと感じる場合もあります。
最近ではそういった利用者の声に応えて、ECOモードを搭載している機種も登場してきているのです。
このECOモードとはどういった機能になっているのでしょうか。

ECOモードは省エネモードのこと

ECOモードに該当する機能は、ネーミングに多少の違いがあるもののいくつかのウォーターサーバーに搭載されています。
このECOモードというものは、消費電力を少なくするモードになるので、省エネが出来るモードということになります。
ECOモードにしなければ、普通のウォーターサーバーを利用しているのと同じように使うことが出来るのです。

ECOモードにはスイッチ一つで変更出来る場合が多く、使わないと思った時には簡単に電気代を節約することができるのです。
常に電源を入れておかなければならないウォーターサーバーですから、ECOモードがあると便利なのです。

光センサーでECOモードになる

自分でECOモードに切り替えるのが面倒だという人には、光センサーを搭載したウォーターサーバーも登場してきています。
これは明るいときには通常通りの動作で、暗くなると自動的にECOモードに移行するのです。
出掛けるときや寝るときなど、部屋が暗くなると自動的にECOモードになってくれるので便利な機能になります。

光センサーを搭載しているウォーターサーバーは、フレシャスやプレミアムウォーターなどの会社があります。
スイッチを入れなくても自動で電気代が安くなるのであれば、気にせずに利用出来て便利なのです。

温度設定を変更している

ECOモードになると消費電力が少なくなる理由は、設定温度の変更による部分が大きいのです。
特に温水の消費電力が大きいので、温水の設定温度をECOモードになると下げる機種が多くなります。

使っていない時の設定温度ですから、常に高温にしておく必要はないと感じる人も多いでしょう。
ECOモードが解除されれば温水の温度も戻りますから、実用上困らない所で節電してくれているのです。

多少の違いはあるが電気代が安くなる

ECOモードは会社によって内容に多少の違いはありますが、どれの消費電力を抑えてくれる機能になります。
ですから電気代を安くしたいと考えている場合は、ECOモードを搭載しているウォーターサーバーを選ぶといいかもしれません。
他にも省エネサーバーと呼ばれるものもあり、ウォーターサーバーの電気代は安くなってきているのです。

関連記事

Copyright(c) 2010 主婦ご用達のコスパが良くて機能性バツグンなウォーターサーバー All Rights Reserved.