電気代が高い機種や安い機種

2016-06-09

ウォーターサーバーには色々な会社がありますが、それぞれに用意しているサーバーの種類に違いがあります。
ですから電気代に関しても、一ヶ月で1000円以上かかってしまう機種もあれば、500円以下で済む機種もあるのです。
電気代が高い機種や安い機種には、どういった違いがあるのでしょうか。

クリーンシステム搭載の機種は高い

ウォーターサーバーには衛生的な水を供給できるように、内部にクリーンシステムを搭載している機種があります。
当然ですがこのクリーンシステムが動作するときには、普段よりも余計な電気代がかかることになります。
ですからクリーンシステムを搭載していないウォーターサーバーよりも、搭載している機種の方が電気代が高くなる傾向があるのです。

ただ、電気代だけで考えるとクリーンシステムは必要無い機能だと思えるかもしれませんが、これは便利な機能でもあるのです。
機種によって内容に違いはありますが、内部に埃などの侵入を防いでくれるなど衛生的な水を利用するために役に立つ機能なのです。

温度設定によって電気代が変わる

冷水と温水の両方が利用出来るウォーターサーバーが増えてきましたが、やはり冷水だけの機種よりも電気代が割高になってしまいます。
温水に対応している場合はすぐに利用出来るように、一定量の水を温めておかなければなりませんから、その分の電気代が必要になるのです。

ただ、温水の機能を切ることが出来る機種もあるので、冷水だけでいいという場合は電気代が節約できます。
冷水や温水の設定温度が決まっている機種もありますが、変更出来る場合もあります。
そういった機種であれば、設定温度を変更することで電気代も変わってくるのです。

エコ機能があると安くなる

電気代が安い機種に関しては、エコモードなどの機能を搭載している機種が多くなります。
こういった機能があることで、自分で温度設定を変更しなくても電気代を節約してくれるのです。
エコ機能が搭載していない場合には、常に一定の温度で水を用意しておきますから、どうしても電気代が高くなってしまいます。

機能によって電気代が変わる

ウォーターサーバーの電気代に関しては、一ヶ月の目安があるので比較しやすくなります。
ですが実際には電気代が少し割高になっていたとしても、クリーンシステムを搭載していると便利な場合もあります。
エコ機能を搭載している機種は電気代が安くなりますから、高機能なウォーターサーバーだから電気代が高くなるとは限らないのです。

関連記事

    None Found

Copyright(c) 2010 主婦ご用達のコスパが良くて機能性バツグンなウォーターサーバー All Rights Reserved.