電源は落としても良いのか?

2016-06-09

ウォーターサーバーは常に稼働していますから、電気代を節約しようと考えたくなるかもしれません。
出掛けている昼間など使わないと分かっている時間には電源を落としておきたいと思うかもしれませんが、実際に落としても良いものでしょうか。

電源を落としてはいけない

基本的にウォーターサーバーの電源に関しては、常に入れておくものと考えましょう。
節電のことを考えると、夜間や昼間のように使わない時間帯に関しては電源を落としたくなります。
ですが電源を落としてしまうと、節電にはなるものの水そのものの品質を保つことが出来なくなってしまうのです。

説明書にも電源は落とさないように書いてありますから、それを電気代がもったいないと思って勝手な判断で落としてしまわないようにしましょう。
ウォーターサーバーの水は直接飲むこともあるのですから、安心して利用するためにも説明書通りの使い方が重要なのです。

使っていない時でも動いている

ウォーターサーバーが電気を消費するのは、単に冷水や温水を作るためだけではないのです。
ウォーターサーバーの水の品質を保つために、埃などが入り込まないような機能もあります。
電源を落としてしまうとこういった機能も動かなくなりますから、水の中に異物が入り込んでしまう可能性があるのです。

ウォーターサーバーの電気代を節約したいと思った場合には、電源を落とす以外の方法を考えましょう。
水温の設定温度を季節に合せて変更するなど、安全面に影響が出ない方法で節約することも出来るのです。

電源を落としてもいいとき

常に電源を入れておかなければいけないのかというと、実は使わない期間が長期になる場合は落としても良い場合もあるのです。
そういった期間は二週間以上などになりますから、ちょっとした旅行程度では電源を落とすことはないのです。

ただ、旅行などに行かない場合でも、入院などの事情でウォーターサーバーを使わなくなることがあるかもしれません。
そういった時にはどのくらいの期間になるのかを考えて、説明書に従って電源を落としましょう。
セットしてしまった水に関しては、外して処分しなければならない場合もあります。

設定を見直し電源は入れたまま

ウォーターサーバーの電源に関しては、長期間使わないということでもない限り、常に入れておくことになります。
それでも節電を考える場合には、設定温度などを見直して電気代を下げることを考えましょう。
安心して水を使うためには、電源を勝手に落としてはいけないのです。

関連記事

    None Found

Copyright(c) 2010 主婦ご用達のコスパが良くて機能性バツグンなウォーターサーバー All Rights Reserved.